痔を治して快適な毎日を取り戻しましょう。

痔の治療は仙台の地にてお任せください。

痔は男性だけではなく女性もなります。同じ姿勢での仕事や、重いものを持つ仕事、ストレスのかかる仕事等をなさっている方や、また、出産後のお母さんにも、実は痔なんですという方は結構多くおられます。そういうと、誰にでもなりうる病気であると言えるでしょう。痔になると肛門周りやその中に傷が出来たり、イボができたり、かゆかったりと不快です。かるいものなら、市販の塗り薬や注入薬で自分で誰にも知られず治療することができます。もとは便秘や下痢などで肛門を傷めてしまうような出来事から始まることが多いです。便秘や下痢も、ストレスや、ひどい緊張感から起きることも多いです。仙台においては震災の影響で体調を崩された方も多く、様々な症状の治療中である方も少なくないでしょう。

入院、手術が必要となるものもあります。

自分で薬を使っていても、再発を繰り返す場合は専門のお医者さんに診ていただく方が良いです。手術となると、大変だと思われるかもしれませんが、軽い症状のものなら、日帰りから1泊で行えます。症状によっても最長で2週間程度の入院で済むでしょう。技術も進歩し、レーザーや超音波をとりいれ、傷みの少ない治療へと変わってきています。痛みが出ても、鎮痛剤で抑えることができます。術後は通院の必要はありますが、2か月から半年で完治しますので、何度も再発を繰り返している方はその辛さから解放されますので、是非検討されると良いでしょう。仙台には良い、専門のお医者さんがたくさんいらっしゃいますから、悩んでおられる方は、思い切って相談に行きましょう。プロでなければ治せないものはあります。

快適な生活のために、心がけて頂きたいこと。

お仕事の内容は変えられないでしょうが、お尻がうっ血しないように、座りっぱなしの人は時々体操をする、立ちっぱなしの人は、休めるときは体を横たえて休む、という自分をいたわることを心がけ、規則正しい生活をし、排便リズムを整えましょう。肛門周りは不潔になると細菌感染をしますから、温水便座を使っていつもきれいに清潔に保ちましょう。排便回数が多くなったり、便が硬すぎたり、柔らかすぎると、肛門に負担がかかるので意識的に食物繊維を取り、腰を冷やさず、冷たいものを取りすぎないように気をつけましょう。また、高熱がでたり、吐き気が伴うような肛門周囲膿瘍という病気もありますから、おかしいと思ったら早目の受診が必要です。肛門周りの病気で、恥ずかしい気持ちもおきますが、ご自分の快適な毎日のために勇気を持ちましょう。

病気はかかってから治療するよりも、早期に発見した方が回復も早いので、検査料金がわかりやすいクリニックで定期健診を受けることが大切です。 女性の明るい未来のために、マンモグラフィーなどの最新機器を使用して、隠れた疾患を早期発見・予防します。 宮城県内からも通いやすい、仙台市中心部・一番町にあります。 仙台で痔の治療を行うなら