痔を治して快適な毎日を取り戻しましょう。

仙台で受けることができる最新の痔治療とは

痔は、肛門部分のさまざまな病気の総称です。
肛門周辺の粘膜の下には、肛門を閉じるためのクッションのような部分があり、肛門への負担が重なると、クッションを支える組織が引き延ばされ、出血を起こしたり肛門の外にでるなどの、いぼじの症状が現れてしまいます。
排便時のいきみの繰り返しや便秘、重いものを持つ、激しい下痢など肛門への負担が起こることで、うっ血や断裂が起こり、症状が悪化してしまいます。
こういったいぼじの治療には、いぼ部分を切除する治療が一般的でしたが、痛みも強く入院が必要でしたが、最新のALTA療法では、患部に有効成分を注射することでメスを使用することなく治療を行うことが可能となっています。
短時間で終了し、日帰りが可能ですから、入院が難しいという人にはおすすめです。

きれじの症状の段階と手術方法とは

きれじは、直腸と肛門管の境界より下の、肛門出口周辺にできる裂創や潰瘍で、硬い便や下痢が勢いよく出ることで起こります。
初期の症状としては、排便のコントロールや坐薬などの薬を試用することで改善させることができますが、傷が慢性化してしまうと、どんどん傷が深く掘れこんでしまい、潰瘍化した状態となります。
傷の炎症が筋肉にまで及んでしまうと、肛門狭窄症となり、肛門の上皮がつっぱり、伸びが悪くなって簡単に裂けるようになってしまいます。
ここまで進行してしまうと、柔らかい便が出ても簡単に肛門が裂けるようになってしまい、生活にも支障をきたすようになってしまいますから、手術が必要となります。
きれじの手術は、狭くなった肛門の側を切開する方法と、浅外括約筋切開という方法があります。

仙台で受けることができる最新の痔の手術

仙台でも受けることができる最新のALTA療法は、日帰りが可能で、痛みも少ないということで最近人気となっています。
ALTA療法は、硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸という特殊な薬を、患部に注射することで切らずに痔を治すことができます。
2005年からは保険の適応となったため、気軽に受けることができるようになったことも、人気の理由となっています。
一つのいぼに対して4カ所に分けて注射を行い、15分程度で終了します。
ほとんどの場合、麻酔の注射の痛み以外、痛みを感じることはありませんが、医療機関によって痛みにも差があることがありますから、なるべく症例数の多いクリニックで受けることをおすすめします。
そのほかにも、脱肛した粘膜部分を輪ゴムで縛って腐らせるという方法もありますが、再発する可能性も高いため、ALTA療法をおすすめします。