痔を治して快適な毎日を取り戻しましょう。

仙台市内で痔の治療を受けるには

日本人の10人に一人は経験をしたことがあると言われている痔の症状は、身近な病気として普段から治療を行っている方が増えてきています。まずこの症状には大きく分けて二種類のタイプがあり、皮膚が切れてしまうことで起こる場合と、皮膚にイボのような内痔核が出来てしまう二種類です。一般的に肛門が切れてしまうことで出血や患部の痛み、腫れなどが起こっている場合処方された薬を飲むようにしたり、お通じを改善するなど生活習慣を整えることで短期間で治癒させることは難しくないと言われていますが、イボ状態の突起が出来てしまっている場合放置しておくと、悪化してイボがどんどん大きくなり、最終的に肛門の外に脱出しやすくなってしまうので、出血や痛みが激しくなり最終的に手術が必要になる可能性もあります。

痔の症状が起こる原因をしっかりチェック

肛門のトラブルとして起こりやすくなる切れる症状と、肛門内にイボのような物が出来てしまう症状の原因は主にお尻周りの血行が悪くなることが原因と言われています。特にパソコンを一日中触っているデスクワーク中心のお仕事をされている方は、一般的な人に比べて運動量が圧倒的に少なくなる傾向がありますので、意識して運動をしていない場合どうしても肛門に負荷がかかりうっ血しやすくなるのです。
また運動量が減ると整腸作用がきちんと働かなくなり、お通じが悪くなることで便秘の症状になりやすくなります。便秘になると便が硬くなりどうしてもトイレでいきむ時間が長くなってしまう恐れがあり、長時間肛門に負荷がかかると切れてしまったり、毛細血管が内出血を起こしてイボが出来るなど症状が起こるのです。

適切な治療方法で短期間でしっかり治す

市販されている注入薬や塗り薬など様々なタイプの薬がドラッグストアで販売されていますが、軽度の症状でも改善するまでには最低1週間~2週間はかかると言われていますので、一度仙台市内の肛門内科で診察を受けて、保険診療で安く薬を処方してもらうことが一番だと言われています。
仙台市内には肛門内科が複数ありますが、デリケートな部位を診察してもらうという事もあり、女性などは診察に躊躇してしまう方も少なくありません。しかし最近では女性医師がいる肛門内科も増えてきており、女性診療日などを設けているクリニックもありますので事前によくチェックしておくと安心して治療を受けることが出来ます。
薬で治癒が可能な状態であれば、肛門に注入するタイプの薬と一緒に、便を柔らかくしてくれる薬なども処方してくれるので、短期間で治癒することが可能です。