痔を治して快適な毎日を取り戻しましょう。

仙台で受けることができる痔の治療

痔は肛門に起こる病気の総称で、いぼじやきれじなどに大別することができます。
排便時の強いいきみなどが原因となって、肛門周辺にうっ血が起こり内痔核ができます。
主な原因としては、便秘や偏った食生活、不規則な生活、腰の冷えなどで、放置すると手術が必要となってしまいますから、早期に治すことが大事です。
症状が軽度な場合には、市販の治療薬で改善が見込めますが、自己判断で治療を行うよりも、専門家の診断を受けた方が、早期に完治させることができます。
ただ、場所が場所だけに、恥ずかしくてなかなか相談することができないという人も多いかもしれませんが、放置しているとなかなか治らず手術が必要となってしまいますから、一度肛門科など、専門医の診断を受けることをおすすめします。

日本人の3人に1人は悩んでいる病気

痔の中でももっとも割合が高いいぼじは、肛門周辺の粘膜の下にある、血管部分が出血したり、肛門の外に出ることで起こります。
従来の手術では、いぼ部分を取り除くというのが主流となっていましたが、最新の治療では、有効成分を投与することで切らずに治すことが可能となっています。
有効成分の硫酸アルミニウムカリウムは、出血症状や脱出症状を改善し、タンニン酸は硫酸アルミニウムカリウムの働きを調節していきます。
有効成分の投与を行う前には、肛門周辺または下半身にきく麻酔を行います。
投与後には、点滴を続けて麻酔の影響がなくなるまで安静にすることで、投与後の早い時期に出血が止まり、引き延ばされていた支持組織が元の位置に固定されて、脱出の症状も見られなくなっていきます。

仙台で受けることができる最新のALTA

ALTA療法は、メスを使わずに切らずにいぼじを治すことができる療法で、患部に直接注射を打って血管に炎症を起こしている部分をつぶしていきます。
出血や痛みがほとんどなく、日帰りが可能ですから、なかなか仕事で時間がとれないという人にもおすすめです。
ALTA療法は、1つのいぼに対して4回に分けて注射を行っていきます。
そのため、複数のいぼがあれば、それぞれに対して4回の注射が必要となってきます。
4回の注射にかかる時間は、15分程度の短時間で終了しますから、入院の必要もなく日帰りが可能です。
従来の手術に比べると、痛みが少なく大幅に苦痛を軽減することができるとして、近年注目を集めています。
仙台でもこのようなALTA療法を受けることができますから、一度相談してみてはいかがでしょうか。